Q&A
よくある質問
Q&A

良くあるご質問一覧

  • どんな蛇口にも取付けられますか?

    今まで取付けられなかったケースはありません。

    輸入蛇口など別途工事が必要な場合がありますので、まずはご相談下さい。

    水道の画像
  • アルカリイオン水との違いは何ですか?

    従来の直流電気分解方式は、飲用のアルカリイオン水と分けて、洗浄用の酸性水を生成しますので、

    酸性側にある「酸素」や「ミネラル」を排水してしまいますが、

    「甘露乃水」は交流電解方式のため、アルカリ側も酸性側の両方のメリットを享受でき、より優れたお水を生成します。

    表の画像
  • 「甘露乃水」が柔らかく飲みやすいのはなぜですか?

    水の分子が細かい「ナノバブル」ため、浸透しやすいことと、身体に近いpHを設定しているからこそ、飲みやすいのです。

  • 一般の水素水とは、何が違うのでしょうか?

    一般の水素水の"水素"は空気に触れて数秒という単位で消えて無くなり易いのですが、

    「甘露乃水」は国際特許技術により、幻といわれた成分“活性水素”を含み、3日間もの効果・効能を実証しています。

    ※特許番号 第2615308号ほか

  • 活性水素と水素の違いについて教えてください

    一般的な水素は、水素分子(H2)を示し,(H)の原子が2つです。

    そして、活性水素は水素原子(H)を指し、(H)の原子が1つです。

    そのため活性水素は、水素と比べ、活性酸素(OH)と結びつき易くなり、無害の「水」になりやすいのです。

     

    下記に簡単な方程式を示します。

    H(活性水素)+ OH(活性酸素)= H2O(水)

    H2(水素)  + OH(活性酸素)= H3O(?)

  • 活性水素は自然界にあるものですか?

    はい。“活性水素”は、火山活動地帯の様にミネラルが豊富かつ高温&高圧な環境の中で、世界中に存在しています。

    (例えば、治療水として世界的に有名な、フランスのルルドの泉なども同環境です)

     

    「甘露乃水」は、その特殊な条件を最新特許技術によって再現し、

    ご自宅にいながらにして活性水素を摂る事ができる、スペシャルな家庭用浄水器です。

  • その他、ミネラルウォーターと比べるときのチェックポイントは?

    チェックしたいのは、水の特徴となる「硬度」、酸性値を示す「pH(ペーハー)」、ミネラル量が記載された「栄養成分」です。

     

    「硬度」は1ℓあたりのミネラル量を表します。50mg前後は「軟水」、150mg超は「硬水」と呼ばれます。

     

    「pH」は基準をpH7.0「中性」として、それより数値が高くなると「アルカリ性」、低くなると「酸性」となります。

    *通常、人の細胞内の体液はpH7.4と弱アルカリ性に傾いており、「甘露乃水」もpH7.3と人体に適した値です。

     

    「栄養成分」は含んでいるミネラルの成分です、量や効能などが、ご自身に合うものを選ぶと良いでしょう。

    *「甘露乃水」も日本の天然水も、中性で軟水が多く、口当たりなめらかで、和食や日本茶、紅茶、コーヒーなどに適しています。

  • 製品は購入後、どのぐらいで届きますか?

    通常は、決済完了後、5日以内にお届けいたします。

  • カートリッジ交換時期の目安はどのくらいでしょうか?

    例として、1日19リットルの使用で、吐水カートリッジの交換周期は約6ヶ月、浄水カートリッジの交換周期は約1年ですが、

    毎日のお使いの量や人数によっては、2年、3年で初めて交換という方もおられます。

     

    カートリッジ交換時期が来ますと、カートリッジ交換ランプが点滅し、交換をお知らせしますので、

    交換をし忘れることはありませんので、ご安心ください。

人間の体内の大部分をしめる物質である水は、口から入れた後すぐに体内に吸収され、

酸素やエネルギーを運ぶ血液となって体中を巡ります。

 

この体内に必要不可欠な水を、どこまでも高めていくことで、

人の健康に寄与することを目的に開発された浄水器「甘露乃水」をご案内しています。

 

「甘露乃水」に関心をお持ちの方で、お知り合いに愛用されている方がいましたら、使用されている感想を聞いてみるのが一番かと思います。


しかし、その様なお知り合いにお心当たりがない方に、もっと「甘露乃水」を知って頂くため、

よくお問い合わせのあるものをご紹介しております。

 

更にもう少し詳しく知りたい方は、是非お電話でお問い合わせくださいませ。